FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国産原料100% 杉樽仕込醤油
2007年01月06日 (土) | 編集 |
丸島杉樽仕込醤油
400年の伝統を守り古式天然醸造によって長期間熟成させた芳醇な醤油
sugidaru-l.jpg


 風光明媚な小豆島は「古事記」にも登場する歴史の古い島で、醤油づくりがはじまったのは約四百年もの昔、文禄年間にさかのぼると言われます。当時、小豆島は良質の塩の産地であり、しかも地中海地方によく似た温暖な気候風土が醤油づくりに適し、古くから海上交通の要衝として海運業が盛んだった点など諸条件がうまく重なり合い、勢い醤油の島へと発展していきました。時代の推移と共に醤油の製造方法も変わってきましたが、マルシマ醤油さんでは゛寒霞渓(かんかけい)?の山麓で、今なお昔ながらの製法を大切に、<古式天然醸造法>を守り続けいます。

 近年は大型機械でノルマルヘキサン(ベンジンの主成分)という有機溶媒を使い油分をとりだす抽出法で製油した、大豆油の絞り粕を使用する場合もあります。また、地方ではアミノ醤油と呼ばれる安価な合成醤油もまだ見かけます。

 国内産丸大豆・国内産丸小麦・天日塩を原料に、麹菌の力を最大限に生かす杉桶の三十石杉桶にて二夏かけじっくり熟成させており、味・コク・香りは絶品です。長期醸造のため、高濃度になっていますので控えめにお使いください。原材料の大豆に遺伝子組換え大豆は使用していません。

900ml
スポンサーサイト
テーマ:エコロジーライフ
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。